海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

セミナー情報 海外人事担当向け 海外赴任LAB編集部

【ウェビナー│10月14日(木)】ポストコロナにおける 外国人労働者の医療機関受診事情

2021.10.04

     
開催日 2021年10月14日(木)
開催時間 13時30分~14時30分
会場 オンラインで行います(使用ツール:Zoom)
参加費 無料
定 員 先着100名(1社1名様迄)
主催者 株式会社リロ・エクセル インターナショナル
講師名


高田 真樹 氏
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
理事(営業部・営業開発部担当)・ネットワーク部長

1958年生まれ、大阪府出身。
大学卒業後、三井住友海上火災保険(当時の社名は大正海上)に入社し、営業部門、商品開発部門等を経験の後、2008年に親会社MSADホールディングスで海外保険会社のM&A部門に所属。2010年からは台湾の100%子会社である明台産物保険有限公司の責任者として6年間の会社経営を経て、2016年度に三井住友海上社の関連アシスタンス会社であるジャパンアシストインターナショナル(株)の代表取締役に就任。
海外旅行保険のアウトバウンドおよびインバウンドにおける医療アシスタンスサービス、自動車保険のロードアシスタンスサービスなどを所管。3年間での任期満了に伴い、現在の日本エマージェンシーアシスタンス株式会社に移籍し、現在は理事(営業部・営業開発部担当)・ネットワーク部長。


■セミナーのプログラム(予定)

〇 ポストコロナにおける国内医療機関の外国人受入れの実態

〇 コロナ禍での外国人医療機関受診対応実例

〇 こんな時役立つインバウンドアシスタンス 他


海外から外国人材を受け入れる際に配慮しなければならない懸案として、病気、けがの際の対応があります。医療機関にかかれても、日本の特殊な医療制度、言葉の壁、費用の処理等、外国人故の煩雑な事情に、担当部署の方々は苦慮されたご経験もおありかと存じます。加えてこのコロナ禍で手配はより特殊な事情も絡んできています。


本セミナーでは、昨今の国内医療機関の外国人受入れにおける問題を整理し、コロナ禍で対応が難しく なる懸案への一助となる情報を高田 真樹氏より実例・ノウハウを交えたご講演をいただきます。

外国人材の雇用・受入をされている人事ご担当者様に有用なセミナーですのでぜひご参加くださいませ。


詳しい資料はこちらからご覧いただけます


Interview

海外で活躍する先人達