海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

セミナー情報 受け入れ手続き 在留資格 外国籍社員受け入れ 海外人事担当向け 海外赴任LAB編集部

【東京│6月24日(水)】新型コロナウィルス影響下における在留資格申請の最新状況

2020.06.08

     
開催日 2020年6月24日(水)
開催時間 13時30分~14時30分(開場:13時15分)
会場 ZOOM(オンライン会議)
参加費 無料
対象者 外国人受入ご担当者様
定 員 最大500名(先着順、1社2名様まで)
申込締切 2020年6月23日(火)
主催者 株式会社リロ・エクセル インターナショナル
講師名 行政書士法人シンシアインターナショナル│行政書士 鶴野 祐二 氏

セミナー内容

本セミナーでは、行政書士法人 シンシアインターナショナル様より

入国管理局の在留資格申請手続きにおけるコロナ影響の最新情報を講演いただきます。

新型コロナウィルス感染拡大における政府の緊急事態宣言は解除されたものの、

今後の海外間の移動については、感染拡大第2波も懸念される中で先行き不透明な状況が続いております。

一方で、企業様の海外事業活動は再開の動きが顕在化しており、

外国籍社員様の受け入れについては、政府の入国制限解除を見越して手続き準備の動きがすでに始まっております。

今回は、弊社の外国籍社員受入れサービスのご紹介と合わせて、

入国管理局の在留資格申請手続きにおけるコロナ影響の最新情報を、

専門家である行政書士を外部講師としてお招きし、講演させていただきます。


▶講師プロフィール

鶴野 祐二 氏

中小企業診断士、行政書士、海外ビジネスコンサルタント。

住友商事株式会社を経て、平成20年に独立。商社では鋼材貿易に従事し、多くの重要商談を経験、2001年からの5年間上海に駐在。海外進出企業の戦略策定をはじめ、貿易相談、グローバル人材採用・育成など、これまで300社を超える海外ビジネス相談に対応している。

海外ビジネスに関する助言だけでなく、貿易・契約の知識や語学力(中国語・英語)を活かして、契約交渉を主導し、商談を成約に至らせる実践力が強み。

また行政書士として、外国人雇用・受入に伴う諸手続きをワンストップでサポート。

入管法に留まらず、社会保険、労働保険、各種税法の視点を踏まえた総合的なアドバイスが、コンプライアンスを重視するグローバル企業の評価を受けている。

Interview

海外で活躍する先人達