海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

OUTBOUND RELOCATION
<dt>OUTBOUND RELOCATION</dt>

アジア 中国 利楼松下愛賽儿商務諮詢(上海)有限公司 危機管理 各国トレンド 海外医療 海外赴任

【2020年1月31日│上海現地レポート】新型肺炎に関する状況について

2020.01.31

【2020年1月31日│現地レポート】新型肺炎に関する状況について

本内容は、弊社上海現地法人の駐在員の見解です。

公式に発表されたものではありませんのでご留意願います。

■最新情報はこちら

【2020年2月10日│上海現地レポート】新型肺炎に関する状況について
【2020年2月3日│上海現地レポート】新型肺炎に関する状況について

市民生活全般

市内の様子はいたって平静、但し例年の春節休暇の時期に比べると市内中心部を含め1/10程度の人数で人影もまばら。前回(2013年)の鳥インフル流行の時と異なり、今回は市民のほぼ全てが外出時にはマスクを着用している。連休の前半にスーパーなどで食料品を買いだめする者が多く見受けられたため、多くの市民が自宅に籠っていると思われる。

日常生活全般

アピタや高島屋などの日系だけでなくスーパーやコンビニは全て通常通りに営業(市政府からもその旨求められているとのこと)。食料を中心に品物もほぼ通常通りに揃っている。但し今後連休が終わり、多くの人が戻ってきた時点でどうなるかは若干不透明。店頭には普段は見かけない消毒液や除菌シート、体温計が大量に並べられている。また市内各地にある商業施設も営業はしているがマスク着用が求められ中にある。各店舗は休業しているところが多い。スターバックスなどのカフェもオフィス街の店を中心に約半数程度が休業している。

医療用品事情

マスクについては市内全域で品切れ。市政府の方針で市内6か所の薬局が指定されここで集中的に取り扱う方向、入荷時には店の周囲に長蛇の列ができている。今後春節で日本など国外へ出ていたものが現地で大量に仕入れネットで転売することを懸念し、高額で転売する者を必要以上に厳しい罰則で取り締まり始めている。マスクは上海に限らず現在中国で最も必要とされている物資である。

公共交通機関

2つの空港、各高速鉄道の駅などは検疫を実施しながら通常通りの運用、地下鉄も乗車時のマスク着用と検温が実施され通常通りの運航(但し11号線の江蘇省へ延びる部分は運休)、中心部を走る2号線や10号線も乗客はまばら。

バスも通常通りの運航で同様に乗車時にはマスクの着用を求められる。各車両には消毒済みの表示あり(真偽は不明だが恐らく事実だろう)バスも乗客はまばら、タクシーは通常時の1/3程度の台数、運転手も9割がたマスクを着用(残り1割は恐らく空車時に喫煙する運転手と思われる)。従って市内の移動においては特に支障はなし、一歩で外省との間を結ぶ長距離バスに関してはほぼ全て運休外省市から流入する一般車両については市境の料金所で検疫が実施され大きく渋滞中。

各種公共窓口

1月28日の段階では、保険衛生中心(外国人体格検査)、外国専家局(工作許可証)、出入境管理局(居留許可証)とも延長された春節明けの2月3日から業務再開と言う通知が出ているが、申請する側の企業が9日までの業務再開見合わせを求められているため10日以降にどのような混乱(申請が集中する恐れあり)が生じるかは様子を見る必要あり。また日本人学校を含む教育機関は17日以降の再開を求められている。

春節期間の移動状況

今週末(31日)頃から中国へ戻る動きが本格化される見込み。懸念材料の武漢への帰還について(武漢へ戻れず近隣の大都市である上海や広州などに一時的に戻るのではないかと言う懸念)は、一部で動きが出ている。これまでに入手した情報では昨日上海拠点の吉祥航空が通常の成田→上海→武漢の便で路線を変更し、成田→武漢→上海とすることで運航(もちろん当局の認可を得て)、上海行の乗客に配慮し上海行の乗客を別便へ振り分ける形で実質的に成田→武漢のフライトを実施(武漢→上海は空で飛ばした)。

今後も同様の形で武漢への帰還を実行する可能性あり、また高速鉄道に関しても(こちらは路線自体を変更する訳にはいかないので)武漢に停車する際に特別にドアを開け希望者を降ろしている模様、従ってゼロではないが近隣大都市への流入は避けられる可能性が高い今後の見通し 上海市政府の要請に基づき日系企業もほとんどが2月10日からの再開を決定(一部人事関係者は情報収集のため出社する模様)。

春節の休みが明ける今週末から人の動きが再開するため来週以降の感染者の動向に注視する必要あり(むしろこの期間が最も心配)。但し一部報道でもあるように基本的なこと(外出時のマスク着用・うがいと手洗いの励行・人混みには近づかない・動物には触れないなど)を守ればそれほど騒ぐ必要はないというのが現地の医療関係者の認識(その意味では今回の上海市の措置は極めて的を得ている)。

潜伏期間が最大14日程度と言うことから今後しばらくの間は感染者数が増えるのは当たり前であり必要以上に(日本の報道のように)慌てることはないと思料、前述の基本的な予防措置を徹底しようというのが現時点での日系各社の共通認識。

Related Articles

合わせて読みたい

Interview

海外で活躍する先人達