海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

OUTBOUND RELOCATION
<dt>OUTBOUND RELOCATION</dt>

アジア 中国 利楼松下愛賽儿商務諮詢(上海)有限公司 危機管理 各国トレンド 海外医療 海外赴任

【2020年3月23日│上海現地レポート】新型肺炎に関する状況について

2020.03.24

【2020年3月23日│現地レポート】新型肺炎に関する状況について

本内容は、弊社上海現地法人の駐在員の見解です。

公式に発表されたものではありませんのでご留意願います。

隔離措置状況

3月22日深夜から23日午前中にかけて大きな動きがありました。

以下発表された内容と留意頂きたいことをまとめます。

・22日深夜、上海市政府が新型肺炎の重点汚染地域から近く日本を除外する予定と言う発表を行いました。

・これに続き、正午前に発表された新しい政策の中で、重点汚染地域から日本が正式に外されました。

・これによって、日本から入国した方の14日間の強制隔離措置が無くなりました。

▶但し、現時点で22日以前に入国した方は、この措置の対象外で引き続き現在隔離され場所での隔離が継続されます。

▶入国後の検査(機内及び空港内)は引き続き実施されます、また入国者全員に対する核酸検査(PCR検査)も引き続き実施されます。

▶この核酸検査(PCR検査)で陰性となった場合、身柄が自由になる模様です。

【これから上海へ戻られることを検討されるに際しての注意喚起】

▶全員に対する核酸検査(PCR検査)が引き続き実施されるため、検査終了までに相当な時間を要することに変わりありません。防寒対策を含め充分な準備をして下さい。

▶検査の結果が陰性であった場合でも、お住まいのマンション又は小区の判断で受入れを断られ、指定の施設での隔離を求められる可能性も残っております。

▶ご家族を戻される場合、最近の事例として(中国人家族の場合でしたが)、発熱の症状が見られた未就学児童のお子様が病院へ送られ、一緒に帰国したお母さんの病院への同行が認められないという事案が発生しております。

▶外国人の家族へ対して同様の措置があるか否かは不明ですが、最悪このような事態も発生しうることをご理解の上、ご判断ください。

▶また、仮に核酸検査(PCR検査)の結果が陰性であったとしても、搭乗してきた便の乗客の中から陽性の方が出た場合、濃厚接触者として隔離観察の措置が取られる可能性があります。一般的にはご自身の座席の前後3列の乗客から陽性反応がでた場合が該当します。

・23日正午の時点で日本が重点汚染地域から外れましたが、同日夕方の時点では入国後の体格検査は、引き続き14日間を経過してからでないと受診できない状況です。

・従って、これから上海へ赴任される予定の方に於かれましては、現地法人の担当者との連携を密にして頂き、余裕を持った日程調整を行ってください。

・その他の現在実施されている救済措置に関しては、今後追って通知が出るものと思われます、併せて都度ご確認ください。

今後について

3月23日18時(上海時間)時点の発表では、明日24日午前0時を以て上海市の防疫体制が突発公共衛生事件1級対応から同2級対応へ引き下げられる予定です。上海と外省市との行き来に関する規制が大幅に緩和される予定です。但しマスクの着用は引き続き必要でオフィスビルなどでの検温などの体勢は継続される見込みです。今回の措置で、日本は一旦は重点汚染地域から除外されましたが、引き続き世界24カ国が同地域に指定されており、上海市政府は逆流案件の阻止に全力を挙げております。

上海に関しては、多くの中国人留学生が帰国する際の玄関口となっており、昨日もスペインや英国、スイスなどからの帰国者に13名の感染事例が出ています。幸いなことに今のところ日本からの逆流案件は確認されていませんが、今後の日本側の状況次第では再度重点汚染地域に指定されてしまう可能性もあります。日本でのビザの発給状況にもよりますが、遅れていた春の異動が本格化することが予測されます、現地側状況につきましては都度現地法人の担当者との連絡を取り合い、最新の情報を入手したうえでご対応頂きますようお願いいたします。

Related Articles

合わせて読みたい

Interview

海外で活躍する先人達