海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

アメリカ リロ・リダック 住居手配 海外赴任

全米最大の日系不動産会社【RELO REDAC】とは?

2019.06.24

REDACラッキー


ラッキー(Rucky)
リロ・リダック社、タレント部所属。
アメリカで放送しているテレビCMで活躍中のタレント犬。
現地の住宅事情や街の情報について発信していきます。
アメリカの不動産事情に精通し、日系企業・駐在員のリロケーション、住宅やオフィスの賃貸・売買などの記事も執筆しています。趣味は散歩。

1986年に社内ベンチャーとしてREDAC, Inc.をスタート

 リダック(旧REDAC, Inc.)は、社内ベンチャーとして不動産サービス事業を立ち上げたのが始まりで、1986年に創業されました。現在も代表取締役社長を務める七原は、当時は商社の駐在員として米国に来ていたのですが、日本企業や日本人向けの不動産、及びリロケーションのサービスに可能性を感じ、不動産関連のビジネス経験ゼロからスタートしました。

 ちょうど、当時のリダックのオフィスからほど近い高級ホテル「プラザホテル」で1985年に歴史的なプラザ合意が取り交わされ、以来、日本の自動車メーカーの工場建設や、それに伴う部品メーカーの進出が増え、創業から1990年頃までは、毎週のように日本企業の米国進出パーティーが行われているような状況でした。

 その後、2005年に日本でリロケーション事業のパイオニアとして急成長を遂げていた株式会社リログループのグループ会社となり、社名もRelo Redac, Inc.に変更し、現在に至っています。長年サポートしてきたお客様方から「リダック」として親しまれているため、社名変更後も、提供するサービスのブランドは「リダック」でビジネスを展開しています。

リダックのサービスとエリアネットワーク

 創業当初から変わらず、日系企業や日本人のサポートを事業の目的としていますが、今では主に不動産ビジネス(住宅不動産、商業不動産、サービスアパートの運営、不動産投資・管理)、企業向けビジネス(モビリティ・マネジメント・サービス、家賃・規程コンサルティング)といった2つの方向で企業・人・資産のリロケーションをサポートしています。

 また、ロサンゼルスのトーランスにはビジネスホテル、リダック・ゲートウェイ・ホテルを構え、出張者や赴任者の一時滞在先としてのニーズにも応えています。現在、在米の日系不動産企業としては最大規模となっており、全米14か所にオフィスを展開し、約180名の社員が日々リロケーションをサポートしています。

「ここが嬉しい!」リロリダックのサービス

リダックならではの、ホスピタリティに溢れた嬉しいサービスをいくつかご紹介します。

日本式温水洗浄機能付きトイレ

リダック・ゲートウェイ・ホテルの全室、及び多くのリダックサービスアパートメントの部屋に、日本式の温水洗浄機能付きトイレと深い浴槽が備え付けられています。アメリカでも日本と同じ快適なバスタイムをお過ごしいただけます。

朝の無料おにぎりサービス

また、一部のサービスアパートメントでは、忙しいビジネスマンのために、毎朝おにぎりを無料でお配りしています。おにぎりのサービスは大変好評で、これがあるからリダックのサービスアパートメントに決めた、というお客様もいるほどです。

アメリカ滞在中も、しっかり生活をサポート

通常、賃貸物件は契約を決めたら、そこで不動産会社との取引は終了となりますが、リダックは違います。入居後も、成約者だけの特典「リダックくらぶ」で、安心・楽しいアメリカでの生活をサポートしています。サービスの内容は、夜間緊急時の電話通訳サービス、顧客同士の親睦を図るためのイベントの開催、敷金回収のコツ等アメリカ生活で役立つ情報満載のメルマガなど、いずれも顧客向け無料サービスとなっています。

新規赴任者・ご家族の友達作りの場を提供

同じ時期に渡米された赴任者とそのご家族が集まって交流することを目的とした「リダカマ」(リダック・ニューカマーズ・パーティー)を開催しています。開催場所は、リダックのオフィスがあるエリアに限られますが、参加者同士の交流がスムーズに行くよう、様々なテーマで開催しています。

奥様向けの「リダカマ 奥様広場」に始まり、子供連れのママを対象にした「リダカマ with キッズ」、トレーニー向けの「トレカマ」、女性駐在員向けの「レディース リダカマ」等々、年間を通して行っています。これも、他社にはない、リダックだけのサービスで、イベントに参加された方々からは毎回感謝の声をいただいています。家族も知り合いもいないアメリカで生活していく上で、このようなネットワークの場は重宝されています。 こんなお困り事があれば、お気軽にリダックにご相談ください。

新規赴任者・ご家族の友達作りの場を提供

アメリカに進出している日系企業で、経理の方が総務や人事を兼任されていたり、駐在員が複数業務をこなされていることがよくあります。「うち(自社)はずっとそうしてきたから」、「駐在員とはそういうもの」、といった理由で非効率な事態になっていないでしょうか?また、そのために本来の業務に支障をきたしていませんか?

リダックでは、多忙な人事・総務担当者の方が安心して、本来やるべき業務に集中できるよう、赴任者に関する情報や業務を一括で請け負うサービス、MMS(モビリティ・マネジメント・サービス)を提供しています。本サービスは、人事異動で業務に精通した担当者が日本に帰国してしまう、といったタイミングや、新しい都市に拠点を開設される場合などに、特に便利にお使いいただけます。既に全米の日系企業140社に導入いただいているサービスで、人事・総務業務の効率化やコスト削減をご検討中の企業様に最適です。

収先の米系企業へ出向&プロジェクトで、不慣れな地方都市に赴任する場合

日本企業のM&Aの増加に伴い、買収先の米系企業に日本人駐在員が出向されるケースも増えています。その際、日本人にはあまり馴染みのない都市にオフィスがあり、日本人向けの生活インフラも整っていないため、生活の立ち上げに苦労される場合がありますが、そんな時はリダックにご相談ください。全米どこでも住宅の斡旋と生活立ち上げのサポートが可能です。

また、会社のプロジェクトで大勢の駐在員をアメリカに派遣する場合、現地の住宅手配が大変ですが、リダックではプロジェクトチームの受入サービスも提供しています。着任時に必要な手続きやプロセスについて生活立ち上げマニュアルを用意する他、プロジェクトメンバー用にサービスアパートをセットアップし、入れ替わり渡米されるプロジェクトメンバーの宿泊先としてご利用いただいています。 リダックでは引き続き、アメリカで活躍される日本企業と日本人の皆様を全力でサポートしてまいります。

ニューヨーク赴任前に│『ウェブオリエンテーション(無料)』

ニューヨーク赴任前のお悩みはREDACが解消します!

日本に居ながら現地の事情が良く分かる、「ニューヨーク赴任前webオリエンテーション」(無料)に参加してみませんか?
毎週水曜日夜10時~(時期により11時~)開催しています。

◆現地での家探しは日本とどう違うの?
◆どんなところに気をつけたらいいの?
◆生活環境はどんな感じ?治安は?
◆炊飯器は持って行った方が良いの?他に持って行くべきものは?
◆子供の学校は現地校がいいの?他の人は日本語教育をどうしているの?

等々、赴任前の様々な疑問にお答えします。
質疑応答の時間もありますので、お気軽にご質問いただけます。

Related Articles

合わせて読みたい

Interview

海外で活躍する先人達