海外人事のためのウェブメディア「海外赴任LAB」

OUTBOUND RELOCATION
<dt>OUTBOUND RELOCATION</dt>

ドイツ ヨーロッパ 南 ユリア 各国トレンド 子女教育 海外医療 海外赴任

ドイツ│妊娠・出産のサポート 「産科病院の選択のポイント」と「婦人科医探しと通訳」

2019.09.25

ドイツ│妊娠・出産のサポート ~産科病院の選択のポイント~

ドイツの都会に住むと、産科病院がたくさんあります。

ただし、どこで産めばいいか?などの不安なところがあると思います。

そのため、ドイツの産科病院探しについてのヒントをお伝えいたします。

【ライター:南ユリア(楽ドイツ)】

◆産科病院探し・病院説明会の通訳・産科病院の申し込み(Infoabend Krankenhaus, Anmeldung)

【時期:妊娠中期】

ドイツでは、ご自身でご自由に産科病院を探すことができます。

場所や施設の様子、受け入れ態勢などを確認するために、産科病院は「Infoabend」(産室の説明会)を行います。

一ヶ月の内、数回ありますので、詳しい日程に関しては、それぞれの産科病院のウェブサイトにてご確認下さい。

一般的には、説明会時に、病院の助産師、小児科医と婦人科医から説明があり、分娩室や病室を案内します。

産科病院の説明会には是非参加して下さい。

◆以下のポイントがテーマになります

・病院のスタッフ紹介

・産室の紹介と出産方法の説明

・出産前・出産中、どんな麻酔が可能か

・小児科医院とつながっているか

・問題がある妊娠の出産が可能か(骨盤位・双生・早産等)

・帝王切開術率

・病院で出産登録が可能か

希望の産科病院が決まりましたら、出産予定日の6週間前頃に産科病院へ自己紹介をします。その際に、出産方法の希望、お母さんと赤ちゃんの健康状況を説明します。訪問には、アポイントが必要となりますので、何かお困りのことがございましたら、いつでも楽ドイツにお問い合わせ下さい。

【ご注意】

・急変の場合、救急車は希望の産科病院ではなく、別の産科病院に連れて行くことがあります。

・産科病院の稼働率によっては、新たな妊婦さんを受け入れられない可能性もあります。

 少なくとも2つの産科病院を選んだ方が安心です。

・産科病院を選ぶ際に、出産の時の行き方も考えておきましょう。破水ではない場合、救急車は来られないときもあり、車が汚れないか気にするタクシー運転手もいます。そのため、出産の前にタクシー会社と確認しましょう。

ドイツ│妊娠・出産のサポート ~婦人科医探しと通訳 (Frauenarztsuche)~

日本のシステムと異なる部分が多くあります。

出生前検査について、下記のように解説します。

婦人科医探しと通訳 (Frauenarztsuche)

【時期: 妊娠検査、不妊治療】

婦人科医は妊娠中に出生前検査をします。

妊娠32週目まで、検診は一ヶ月1回ですが、妊娠32週目以降からは、2週間ずつ検診を行い、出産まで、合計10回~12回の検診になります。検診の際、体重・血圧・尿蛋白・血赤素が測られます。

赤ちゃんの発育状態と子宮頸部徒の確認があります。健康保険は3回の超音波診断をカバーしますが、それ以上の超音波診断は、自己負担になっております(診療上必要な場合を除く)。

妊娠9~12週目に、「Mutterpass」(母健康手帳)を婦人科医から取得します。お母さんと赤ちゃんの大事な情報が書いてあるため、妊娠中は常にお持ちください。

【参考リンク:Mutterpass(母健康手帳)】

出産の準備に関して、婦人科医からお母さんたちに対して、とりたてて説明をすることはありません。そのため「Geburtsvorbereitungskurs(出産準備のコース)」を受講することをお勧めします。

ドイツ語が話せなくても、ほとんどのドイツの医者は英語が話せますので、ご安心ください。

日本語で対応できる医者を見つからない場合、英語で不安の場合、楽ドイツの女性のスタッフが喜んで、出席をしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

ドイツ│妊娠・出産のサポート ~子供手当の申し込み(Kindergeld)~

ドイツで子供を育つのは色々大変ですが、一つのプラス点があります。それは「Kindergeld」(子供手当)です。子供がいる方がいるほど、子供手当が上がり、18歳まで払われますのでとてもメリットがあります。

子供手当の申し込み(Kindergeld)

【時期:出生証明書の取得時(ドイツへの引っ越しの場合:滞在許可を取得した際)】

取得条件として、ご両親の滞在許可がある場合、ドイツの子供手当をもらうことができます。

子供さんが18歳まで(大学などに通う場合、25歳まで)、毎月約200ユーロ支給されます。

申し込みにあっての書類は以下の通りになります。

・赤ちゃんの出生証明書

・赤ちゃんの納税者番号(住民登録の2週間後ぐらいで発送されます)

・ご両親の滞在許可とパスポートコピー

【ご注意】

・日本の子供手当を支給されている場合、ドイツの申し込みは不可能です。

・子供手当の申し込みが遅れる場合、過去6ヶ月分のみ後払いが可能でございます。

子供手当の申し込みは「Familienkasse(家族公庫)」に送りますので、Familienkasse Frankfurt・Familienkassen Düsseldorf で検索しますと、担当者の連絡先が分かります。楽ドイツが委任状がありましたら、申し込みの提出と処理ステータスなどの問い合わせが可能でございます。

Related Articles

合わせて読みたい

Interview

海外で活躍する先人達